一般企業法務

一般企業法務

契約書の作成・チェック
株主総会・取締役会に関する助言
コーポレート・ガバナンスに関する助言
債権回収
取引先の破産時の対応

人事労務

人事・労務

就業規則の作成・チェック
解雇,残業代請求等雇用に関する紛争への助言・対応

事業再生・破産

事業再生・破産

会社更生,民事再生等の再建手続
破産等の整理手続

顧問契約

いつでも相談できる弁護士を確保して安心しておきたい,事業について弁護士に日常的に気軽に相談したい,社内で作成した契約書や取引先から渡された契約書をそのまま使っていいか不安だ,取締役間で争いがあって困る,従業員ともめることが多いので対策を打っておきたい,箔付けのためにそろそろ弁護士でも……。

どんな事業者でも何らかの法的なニーズを抱えているのではないでしょうか。我々はそうしたニーズに対応することができます。1度,我々と顧問契約を結ぶことをご検討いただけたらと思います。

契約期間は1年間とすることが多いですが,解除したい場合はその月限りで解除できる契約内容にしています。ですので,お気軽に顧問契約を結んでいただけたらと思います。

顧問契約のメリット

(1) 気軽で,優先的な相談

顧問契約を締結いただければ,気軽に,優先的な相談を受けることができます。チャット,面談,電話,メール等,形式は問いません。当事務所の弁護士が,24時間以内にご返答します。これまでうやむやのまま放置していた問題もきっと解決するでしょう。

(2) 法務部を設置するよりも良いコストパフォーマンス

法務部を設置したり,法務を専門とする従業員を雇用する場合,1か月あたり数十万円を超えるコストがかかります。けれども,当事務所と顧問契約を締結していただければ,3万円〜10万円(消費税別)のコストで法務部のアウトソーシングを実現できます。

(3) 日常的に接触する弁護士がいることの強み

初めて訪れる法律事務所で相談をする場合,会社の業務内容や置かれている状況などの説明に時間がかかるものです。
当事務所と顧問契約を締結していただければ,ご相談を繰り返すうち,弁護士が業務内容等に精通するようになり,話がスムーズになっていきます。

(4) コンプライアンスその他の信頼性アップ,他社に対する牽制

当事務所と顧問契約を締結していることは,会社のホームページ等で開示していただけます。顧問弁護士がいることを会社外部に公表することにより,会社の社会的信頼性がアップします。また,他社を牽制することができるので,他社が不当要求など法的に許容されない行為をすることの予防にもなります。

(5) 従業員の福利厚生

月額10万円の顧問契約を締結していただいた場合は,従業員の個人的な法律相談も,原則として初回無料ですので,従業員の福利厚生ともなります。

顧問料と契約の内容(ただし,企業規模によって増減することがあります。)

  月額3万円 月額5万円 月額10万円
顧問弁護士の表示
相談
相談予約優先対応
事務所面談,電話,メール,
チャットなどによる相談
夜間休日の緊急相談  ×  ×
社員からの相談  ×  ×
契約書・規約
 契約書・規約のチェック  ○(ただし,複雑
なものは除く)
○(ただし,複雑
なものは除く)
契約書・規約の作成  × ○(ただし,複雑
ものは除く)
    債権(売掛金,未払金等)の回収
交渉の支援
書面による請求  ×
直接交渉  ×  ×
労働問題(残業代請求,解雇無効,セクハラ,退職問題等)
交渉の支援
直接交渉  ×  ×  ○
その他
他の専門家紹介  ○
弁護士費用割引
(単発事件)
10% 20% 30%